浪人して医学部予備校に行った

医学部に合格することを目指して

医学部専門予備校を探す : メディックTOMAS

現役で医学部に合格することを目指していたのですが、落ちてしまったので浪人して予備校に行きました。
最初は、家で独学をするつもりでした。
私は勉強は得意な方で、高校の時は全科目で8割以上の点数を取っていました。
それでも入試に落ちたのは、難しい大学を受けたからです。
落ちたのは仕方がないのですが、浪人して次の年は絶対に合格してやると思っていました。
予備校に行くようにアドバイスしてくれたのは、親戚の叔父さんです。
その人は外科の医師で、一浪して医学部に入学していました。
叔父さんにアドバイスをもらいに行ったときに、独学はやめた方が良いと言われたのです。
独学では勉強が行き詰る恐れがあると言われました。
一人で勉強していたら、独りよがりになったり、孤独感を感じたりするそうで、それがマイナイスになるようです。
叔父さんの助言は正しいと思ったので、地元の学校に行くことにしました。

医学部合格の実績のある予備校は講師も凄かった

三年生になる直前までは進路が決まっていなくて、卒業後どうしようか考えは決まっていませんでした。
進学を考えていたもののどこにしようか明確な目標もなく、答えが出なかったのです。
勉強自体は一応県内一の学校で上位10人に入るレベルにはあったので、卒業後の選択肢は多かったのですがこれだというものがなかったので決めきることができませんでした。
それでも三年生になる前には進路を決めなければならないといろいろ考えた結果、医学部を目指すことにしました。
今から目指すのは遅すぎるかもしれないと思わないことはありませんでしたが、学校の成績で言えば医学部も圏内に入っている感じでしたし、どうせだったら難しいことに挑戦をしてみたいと思ったのです。
もちろん、医学の世界というのも人体の秘密に迫るような感じがあって興味深いところがあり、チャンスがまだ有るのであれば挑戦して見る価値はあると考えました。
是が非でもということはありませんでしたから、合格できなければ浪人をする気もありませんでしたし、そのときは適当な大学に進もうと考えていたものの、受験までに妥協はしたくないと考えて予備校に通わせてもらうことになりました。
お金がかかることでしたが、親は医学部を目指すと言ったときには喜んでくれて、全力でバックアップをすると言ってくれました。
そうと決まれば予備校選びが重要となるわけですが、医学部を目指す以上はそれなりのレベルでなければ行けないと思い、実際に体験教室に行ってみてそこで決めることにしました。
いくつか回ってみたところ、やはり一番実績があるところが合格を目指すには一番良さそうな感じがあったので、そこに通うことにしたのです。
三年生になると同時に通い始めたのですが、さすがに医学部目指すともなれば講義のレベルも高いと感じました。
しかし、講義についていくことができないとは思うことはなく、何故かと言うと講師の教え方が非常に上手だったからです。
ハマりやすそうなところでもそのようにならないようにわかりやすく丁寧に教えてくれて、難しいことでも簡単なことのように指導をするのでさすがは実績ある予備校の講師は凄いと感じてしまいました。
よくありがちなスパルタ的な感じは一切なく、適度にユーモアのある講義をしてくれるので時に軽いジョークで場を和ませてくれて楽しく勉強をすることができました。
その時は感じませんでしたが今から思えばこれも効率よく勉強をさせるためのテクニックだということがわかり、追い込みすぎても良くないということを長年の経験から知っているからこそ、適度に息抜きができるようにジョークなどを織り交ぜつつ講義をしていたのだなと思います。
そのような感じで受験に向けて準備は着々と進み、いよいよ本番まであと僅かという所まで来ました。
この頃には滑り止めの学校も決まっていて、滑り止めといっても本来であれば第一志望になっていてもおかしくないというところだったので、本命が駄目でもそこまで悔いはないかなという感じのところでした。
元々のきっかけが自分の能力がどの程度通用するのかということで始めたものでしたから、絶対に医者になりたいという人からすれば真剣味では負けるところがあったかもしれませんが、精神的なゆとりは自分のほうが大きかったように思います。
それが実際本番では良い方に出て、特に緊張をすることなく試験をうけることができたため実力を全て発揮することができました。
結果に関しては正直どうなるかわからないというところで、予備校の講師に話してみても大丈夫だとは思うけれども人事尽くして天命を待つだけだと言われました。
果たしてどうなるか合格発表の日はドキドキでしたが、合格がわかったときには自分の能力が通用したという気持ちでとても嬉しかったです。

医学部に合格することを目指して予備校に行って良かった予備校は授業の仕方も良かった