浪人して医学部予備校に行った

予備校は授業の仕方も良かった

医学部に合格することを目指して予備校に行って良かった予備校は授業の仕方も良かった

その予備校は授業の仕方も良かったです。
学校の先生より、はるかに分かりやすい授業でした。
説明の仕方が、明快で先生の言うことがすらすら頭の中に入っていきます。
私は全科目得意だったのですが、英語にはやや自信がありませんでした。
特に英文法には苦手意識を持っていました。
英語の文法は例外があり過ぎて、覚えにくいのです。
しかし、この学校で丁寧に教えてもらって、英文法の苦手意識はだんだんなくなっていきました。
高校の先生のようにただ暗記しろと言うのではなく、英文法の意味と具体的な使い方を説明してもらったので、生きた英文法を覚えられたと思います。
その予備校に行って、成績はさらに良くなりました。
全科目の平均点は8割程度だったのですが、9割になりました。
ライバルを意識して勉強したのが、良かったのだと思います。
それでも、ライバルにはどうしても勝てませんでした。
東大を目指していた人は、いつも私より5点から10点程度多く点数を取っていました。
ライバルには勝てなかったのですが、次の年に希望する大学に合格しました。